Powered by Blogger.

2016年2月21日日曜日

フォードがMKX2016年モデルでリンカーンブランドの復活をめざす





米フォード、MKXで6年連続の黒字にさらに弾みをつけるか



昨年フォードが中型クロスオーバーSUV、MKXの2016年モデルを発表した。アメリカ国内の自動車市場では、2015年末にフォルクスワーゲンが排ガス不正をしていた問題が今も紙面に出てくる中、フォードはこの高級感あふれる車でブランド復活を確固たるものにしようと意気込んでいる。







リンカーンMKX






標準搭載されているエンジンは3.7L、V6エンジンで、さらに2000ドル追加することで2.7L、V6エンジンにすることができる。このオプションはMKXの目玉の1つでもあり、ダウンサイジングシリーズの"Ecoboost"。パワー、トルクは325ps、51.2kg-mになる。



アメリカでもっとも売れているピックアップトラックの「F-150」に搭載されていて、クラス最高燃費を実現している。


6速オートマティック・トランスミッションでオプションで4WDを選ぶこともできる。




リンカーンMKX



車内は"Active Noise Control"技術によって、外部の騒音が遮断され、音楽や同乗者との会話を楽しむことができる。これはヘッドホンのノイズキャンセリングと同じ仕組みになっている。


HARMAN社のREVELスピーカーが19個。レザーシートでフロントシートにはマッサージ機能をオプションで選択可能。









リンカーンMKX






リンカーンMKX







リンカーンMKX




ブラインド・スポット・ワーニング(後側方車両検知警報)や自動駐車アシスト機能、360℃サラウンドビュー、自動ブレーキシステムなどの技術が採用されている。



外装、内装ともに高級感あふれる見た目に加え、低燃費のエンジンや最新の運転テクノロジーを搭載したMKXでフォードは市場を拡大することができるのだろうか。






リンカーンMKX





リンカーンMKX






こんな記事もあります









スポンサーリンク

Social

ピンポイントテーマの最新ニュース

スポンサーリンク