Powered by Blogger.

2016年4月25日月曜日

ソーラー・インパルス2がアメリカ大陸に到着。現在地から次はニューヨークへ

ソーラー・インパルス2
                                          picture by Milko Vuille

10ヵ月の足止めからハワイを出発。モフェットフィールド飛行場に到着



2人のスイス人パイロットが続ける太陽光エネルギーだけの世界一周の旅




太陽光発電だけで世界一周を目指している飛行機ソーラー・インパルス2は、ハワイを出発してから太平洋上を3日間飛行し、24日にアメリカのカリフォルニア州シリコンバレーに着陸しました。マウンテンビューにあるモフェットフィールド飛行場への到着は強風により予定の時間よりも遅れましたが、無事にその姿をサンフランシスコの人たちに見せることができました。







スイス人パイロットのベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルグさんはコクピットを降りると抱き合って喜びを分かち合い、それをGoogleの共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏が迎えました(モフェットフィールド飛行場はGoogle傘下の企業が管理する飛行場)。



関連記事:太陽光飛行機ソーラーインパルス2がライト兄弟の町デイトンに着陸




「見事な着陸だったよ、すぐ間近で私たちも見てた」とブリン氏。



62時間の連続飛行を太陽光の生み出すエネルギーだけで太平洋上を単独で飛び続けたピカールさんは、長かった海の上の飛行を終えてアメリカ大陸の上空にやってくると、"The Pacific is done,"(太平洋、終わり)とコクピットから横断を告げる通信をしました。



記念すべき日にサンフランシスコへ




奇しくも4月24日はちょうど3年前に先代のソーラー・インパルス1がサンフランシスコに到着した日でした。




「なんて偶然!ちょうど3年前の今日、ソーラー・インパルス1がサンフランシスコに到着して、今ソーラー・インパルス2が戻ってきたことに!」





そして、強風を避けて内陸を飛び、モフェットフィールドに到着しました。


「時間的に夜になっていたでしょう。海が月の光を反射させているのを見て、思ったんです。『今、このちっちゃな操縦席の中で自分は1人きり。そしてこんなにも満ち足りた気持ちになっている』そしてこんな経験をさせてくれたありとあらゆる人に心から感謝の思いがわいてきました」「これまでの人生を振り返ってみても、これほど感動的な出来事はそうなかったと思います」



パイロットのベルトラン・ピカールとアンドレ・ボシュベルグ



ベルトラン・ピカールさんは精神科医でもある冒険家。祖父のオーギュスト・ピカールさんは1930年代から50年代にかけて気球の最高高度記録を残し、深海探検でも知られた人物です。また、父親のジャック。ピカールさんは1960年に深海観測船でマリアナ海溝の海底、海面下1万1500mに到達している人であり、親子3代冒険の血を受け継いだ血筋です。




ピカールさんとタッグを組むアンドレ・ボルシュベルグさんはこのプロジェクトの最高経営責任者。ビジネスとしてのソーラーエネルギーの可能性を追究するとともに、エンジニアとしての顔も持つパイロットです。




ソーラー・インパルス2の航路と飛行距離と飛行時間






  • 2015年3月9日  アブダビ(UEA) ~ マスカット(オマーン) 772km  13時間1分
  • 2015年3月10日  マスカット ~ アフマダバード(インド) 1593km  15時間20分
  • 2015年3月18日  アフマダバード ~ ワーラーナシー(インド) 1170km 13時間15分
  • 2015年3月18日  ワーラーナシー ~ マンダレー(ミャンマー) 1536km 13時間29分
  • 2015年3月29日  マンダレー ~ 重慶(中国) 1636km 20時間29分
  • 2015年4月21日  重慶 ~ 南京 1384km 17時間22分
  • 2015年5月30日  南京 ~ 名古屋 2942km 1日20時間9分
  • 2015年6月28日  名古屋 ~ カラエロア(アメリカ、ハワイ) 8924km 4日21時間52分
  • 2016年4月21日  カラエロア ~ マウンテンビュー 4200km 2日14時間29分

これからの予定はアメリカを横断してニューヨークを目指し、ニューヨークから大西洋を横断し、ヨーロッパか北アフリカに着陸。そしてスタートしたアラブ首長国連邦の首都アブダビに戻る予定です。



ハワイのカラエロアに到着してから今月の21日までソーラー・インパクト2が足止めされていたのは機体の修理と活動資金を集めていたためでした。





もっと読む

クローズアップ海外ニュース: 未来の家は海の中!?ベルギー建築家ヴィンセント・カレボーが構想する"Aequorea"とは
世界初!太陽光エネルギーだけでソーラーインパルス2が世界一周を達成





スポンサーリンク

Social

ピンポイントテーマの最新ニュース

スポンサーリンク