Powered by Blogger.

2016年6月19日日曜日

包む芸術家クリスト氏の最新作品がイタリアのイゼオ湖の”水上に”現れる

                                                                                                      https://youtu.be/_TpDaYzXj0g
*追記あり

陸と島々をつなぐ黄色の道




さまざまなものを包んで芸術表現をするブルガリアの「梱包芸術家」クリスト氏の新しい作品がイタリアのイゼオ湖にお目見えしました。今回クリスト氏は美しい風景の中、湖の上を歩くことができる水上歩道をつくりだしました。






これまでドイツの国会議事堂やパリのポンヌフ橋、さらにはコロラドの川やマイアミの島を布で包む壮大なプロジェクトを重ねてきたクリスト氏は現在81歳。すでに1970年に構想があったという今回の水上歩道は46年の年月を経てようやく理想の土地で実現することができました。




「クリストの最新アートプロジェクト『布はただ広がっているわけじゃない。布には魂がある』」






イタリアのミラノから東に100kmの位置にある風光明媚なイゼオ湖において6月18日から7月3日の16日間だけ体験できる期間限定のプロジェクトで、普段ならスルツァーノからボートを使わなければ近づけないモンテイゾラやサン・パオロといった島々に歩いて行くことができます。














一般的な美術作品と違い、わずかな期間しか存在しないこの作品についてクリスト氏は「一定期間しか存在しないという特性もこのプロジェクトに力強さに関係しているのだ」とロイター通信のインタビューに答えています。












水上歩道の全長は4.5km。20万個のポリエチレンキューブをつなぎ合わせ、横幅16m高さ50cm面積10万㎡にしたものに黄色い布で覆ってあり、プロジェクト終了後には工業用資材としてリサイクルされる予定です。













それぞれのキューブは離れてバラバラにならないように、ダイバーが水中で固定していきました。期間中は誰でも無料で水上歩道を歩くことができ、万が一水に落ちてしまったときにはボランティアが助けに来てくれるそうです。













水上歩道というアイデアはクリスト氏と2009年に亡くなった妻のジャンヌ・クロード氏が考案したもの。クリスト&ジャンヌ・クロードとして数々の作品を生み出してきた2人の、長年の構想が実現したことになります。





                                 picture by Beyond My Ken



<追記>

イゼオ湖での水上アートは100万人を超える観光客が訪れたということです。











イタリアの消費者団体「コダコンス」が観光客の出したゴミの清掃や安全の確保にかかる費用を考えると公金の無駄遣いだったかもしれないとコメントしていますが、世界的に大きなニュースとなったことは間違いありません。








参照

http://www.reuters.com/article/us-italy-art-floating-piers-idUSKCN0Z2241
http://casabrutus.com/art/22290
http://visitaly.jp/lago-iseo-the-floating-piers.html
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062600009&g=int





こんな記事もあります







Social