Powered by Blogger.

2016年6月26日日曜日

先週から続くアメリカの自然災害。ウェストバージニアは洪水、カリフォルニアは山火事

                                                                  https://youtu.be/27grTkAFvkw

アメリカのウェストバージニア州で23日の夜から24日にかけて「1000年に1度」と言われる記録的な大雨が降り、子供2人を含む少なくとも24人の死者が出ていて、バラク・オバマ大統領はウェストバージニア州に「大規模災害」を宣言しています。



またカリフォルニア州では山火事が爆発的に延焼し、少なくても2人が死亡しています。


「1000年に1度の大雨」で1年の降水量の4分の1が1日で






「大規模災害」はアメリカ国内で発生した自然災害や人的災害にたいしての宣言で、被害の程度と大きさが、州や地方政府などの救助活動だけでは足りず、連邦政府による災害救助が必要だと大統領が判断したときに出されるものです。










オバマ大統領は25日にアール・レイ・トンブリン知事と会談し、亡くなった方々への哀悼の意を表すとともに連邦政府に必要な援助がする用意ができていると伝えました。






アメリカ国内で今年起きた洪水による死者としては24人というのはもっとも多い数になり、特にウェストバージニア州南東部に当たるグリーンブライアー・カントリー郡で被害が大きく16人の死亡が確認されています。






トンブリン知事は州にある55のうちの44の郡に非常事態宣言を発令し、州兵400人も派遣して避難活動を行っています。






「山岳州」とも呼ばれるウェストバージニア州は州の西側をアパラチア山脈が走る土地で、23日には森の治水機能を超える25.4cmの豪雨が山に降り注いだためにあふれた水が住宅地にまで流れ込んだようです。







わずか1日で年間降水量の4分の1にあたる雨が降り、エルク川などは1888年の記録を超える水位となっています。






コントロール不可能なほどの勢いで広がる炎







一方で、同じ23日にはカリフォルニア州の中部カーン郡イザベラ湖付近で山火事が発生し、煙を吸い込んだなどで少なくても2名が死亡、活動中の消防士が3人病院に搬送されています










35700エーカーにまで燃え広がった火は住宅地にまで広がり、150棟が全焼、75棟が半焼という被害が出ています。







ジェリー・ブラウン知事はカーン郡にたいして非常事態宣言を出し、迅速な救援活動を行えるように指示していて、数千人が避難所に退避しています。





1100人以上の消防士が出動して消火活動とともに延焼阻止線を作っていますが、爆発的に燃え広がった火の勢いはすさまじく丘の傾斜がきつく歩きづらいために、まだ火災範囲の5%にしか達していないということです。








カリフォルニア州はこのところ雨がまったく降らず、5年ぶりとなる少雨に見舞われていてひどい乾燥状態にあり、気温も40度を超えていたために山火事が発生しやすい状況にありました。アメリカでは現在14ヵ所以上で山火事が発生して燃え広がっています。また、南西部では熱波により19日に少なくとも5人が死亡しています。







参照

http://www.reuters.com/article/us-west-virginia-floods-idUSKCN0ZA2OU
http://www.asahi.com/articles/ASJ6T2F42J6TUHBI00F.html
http://pari.u-tokyo.ac.jp/policy/policyissues_disaster.html
http://www.huffingtonpost.com/entry/erskine-wildfire-california_us_576ee06fe4b0f1683239c50b
http://www.afpbb.com/articles/-/3091757






こんな記事もあります















スポンサーリンク

Social

ピンポイントテーマの最新ニュース

スポンサーリンク