Powered by Blogger.

2017年2月12日日曜日

シリア内戦による難民、その数や現状はどうなっているのか

レバノンでオリーブ収穫作業の合間に休むシリアからの難民男性
レバノンでオリーブ収穫作業の合間に休むシリア男性

シリア難民の行き先


2016年12月に激戦地アレッポがアサド政府軍によって解放され、2017年1月シリア内戦は同国とロシア、トルコを中心にイランを加えてカザフスタンの首都アスタナで和平協議が開始しました。


しかし、2011年に始まったこの内戦で住む場所を追われ難民となった人たちは世界中に住む場所を求めて移動し、ヨーロッパでは住民との軋轢や治安の悪化など難民問題として大きく取り上げられました。



シリア内戦によって生まれた難民はどのような状況にあるのか、数字や生活にクローズアップしてみたいと思います。




シリア難民の数

国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR:United Nations High Commissioner for Refugees)の統計によると以下のようになっています。(2017年2月1日現在)



シリア国外の難民の数

490万人



シリア国内にとどまっている難民の数

660万人



住む場所を失ったシリア難民の総数

1150万人




シリアの人口はおよそ2300万人なので、2人に1人がもともと住んでいた家から離れていて、さらに5人に1人が国外にいるのが現状となっています。






シリア難民の受け入れ国ランキング

世界各国でシリア難民の受け入れを行っていますが、難民認定の数から多い順に見てみましょう。(2017年2月1日現在)



1 トルコ 285万人
2 レバノン 101万人
3 ヨルダン 65万人
4 イラク 23万人
5 エジプト 11万人


下のサイトは受け入れ総数の推移をグラフにして表しています。



» Focus on SyriansMigration Policy Centre – MPC



やはり周辺国に多くの人が移ったことがわかりますが、中でもトルコはもっとも多くの人が認定を受けています。2016年にはギリシャ経由でヨーロッパに流入するバルカンルートを封鎖し、移民をトルコに送還する合意をEUとの間で結んでいることから、シリア人の数はさらに増えています。



シリア周辺国ですが、カタール、UEA、サウジアラビア、クウェート、バーレーンではシリア難民の受け入れを行っていません。ロシア、韓国、シンガポールなどでも同様ですが、日本も現在まで6人というのが現状です(2021年までに日本は300人の受け入れを検討)。



ヨーロッパでは2011年4月から10月までのあいだに88万4461人のシリア人が難民の申請をしていますが、そのうちの64%がドイツとスウェーデンで合わせた数となっています。





国外に渡ったシリア難民の生活の例

もちろんどんな生活をしているのかといっても、どの国に行ったのか、どの地域に行ったのか、いつ行ったのかなどさまざまな条件があり、ひとくくりにすることはできません。


難民キャンプ


移った先の国で居住が認められる場合もあれば、難民キャンプでの生活を強いられている人も数多くいます。






ザータリ難民キャンプに見るシリア人の姿|国連UNHCR協会


旅人が「シリア人難民キャンプ」に泊まって見たもの





2016年4月にはギリシャのレスボス島を訪れたローマ教皇フランシスコが12人のシリア人をバチカン市国に連れて帰るという極めて異例の出来事もありました。




移民先での生活


アルジャジーラが取材した、トルコに住んでいるある20歳のシリア人男性は1年ほどでもどるつもりだったのがすでに4年そこで働き暮らしているということです。最初は収入も少なく、一部屋を14人でシェアをしていたということ。現在はケバブ屋のマネージャーとして週7日、1日12から15時間働いているものの「いい感じ」だと満足しています。以前よりもきれいな部屋に4人でシェアしてい住んでいます。



世界で最もシリア難民を受け入れているトルコですが、キャンプの環境がよくないというアムネスティ・インターナショナルの指摘があるなど、問題点も少なくないようです。



1月19日に国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)がトルコに渡ったシリアの子供の40%以上、40万人近くが教育が受けられていないと発表をしました。トルコ国内で学校に登録した子供の数は2016年の6月以降50%以上増えたものの、通っていないのが現状だということです。



アメリカやドイツ、そして日本で暮らすシリア難民はどのような生活を送っているのでしょうか。











シリア難民、ドイツでの生活は?





日本が受けいれた「シリア難民」はこれまでたったの6人──「東京に圧倒された」そのうちの1人が明かした本音 | クーリエ・ジャポン







難民関連記事の一覧に戻る



参照
https://www.amnesty.org/en/latest/news/2016/02/syrias-refugee-crisis-in-numbers/
http://data.unhcr.org/syrianrefugees/regional.php
http://www.aljazeera.com/indepth/features/2016/07/syrian-refugees-struggles-turkey-intensify-160717072943845.html
http://www.afpbb.com/articles/-/3114832


スポンサーリンク

Social

注目の投稿

ガボンで象牙目的にマルミミゾウが密猟。国立公園内で25000頭が犠牲に

ガボンのマルミミゾウが10年で80%減少 アフリカの中部にあるガボンに生息するマルミミゾウが密猟によってこの10年で大きく数を減らしていることが、ガボンの国立公園庁とアメリカのデューク大学に所属するジョン・ポールセン氏らの調査によって明らかになりました。 ...

スポンサーリンク