Powered by Blogger.

2017年10月1日日曜日

Huaweiのスマホ、人気のP10シリーズとは?



Pシリーズなど本格スマホで勝負する中国系メーカー、HUAWEI(ファーウェイ)

価格が3万以下の格安SIMが主流の中にあって、HUAWEIが2016年にリリースしたP9シリーズは6万円近い値段でありながら「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 Plus」の2機種合わせて世界で1200万台を突破。



スポンサーリンク



さらにファーフェイ・ジャパンの日本での販売台数は2017年6月には前年同期比およそ2.4倍のに達し、中国系スマートフォンメーカーでは今もっとも勢いのある存在となっています。



そんなファーウェイの新たなPシリーズである「10」シリーズにクローズアップしたいと思います。





HUAWEIとは?

中国語では”華為技術”、英語表記は”HUAWEI”、日本語では”ファーウェイ”と読みます。日本では同じアジアのSAMSUNG(サムスン)の方がGALAXYシリーズなどで知られているかもしれませんが、ファーウェイは1984年に設立され、すでに33年の歴史を持つ企業です。



中国深セン市に拠点を置くファーウェイはもともと携帯電話の基盤となるネットワークの構築に必要な機器を開発するICT(情報通信技術)ソリューション・プロバイダーですが、近年ではSIMフリースマートフォンを中心とした端末の開発に力を入れ大きく成長しています。




2015年には世界の販売台数で1位のサムスン、2位のアップルについで3位。





HUAWEI注目の端末

それではファーウェイの本格派SIMフリースマートフォン、「HUAWEI P10」シリーズをピックアップしていきたいと思います。


P9シリーズを大きく上回る勢いで売れています。

HUAWEI P10シリーズ




HUAWEI P10


楽天モバイル で購入すれば45,800円(税別)





HUAWEI P9の大きな特長の1つがドイツのカメラメーカー「Leica(ライカ)」の監修の元で開発されたダブルレンズカメラでした。


その後継機に当たるP10でもライカと共同開発。モノクロが1200万画素から2000万画素になり、「ポートレート機能」で立体感があり美肌補正もされるのでInstagramに最適なカメラです。



また、インカメラにもライカの800万画素 / F1.9のレンズが搭載されています。



プロセッサーはファーウェイのオクタコアCPUであるKirin 960。高い機能性がありながら省電力でP9よりもグレードアップしています。




スペック


プラットフォーム:Android 7.0, Emotion UI 5.1

プロセッサー:Kirin 960 オクタコア

液晶ディスプレイ/解像度:5.1インチ IPS液晶 1920×1080ドット (FHD)

メインメモリ :4GB

保存容量(ROM):64GB

アウトカメラ:1,200万画素カラーセンサー + 2,000万画素モノクロセンサー

インカメラ:800万画素

バッテリー容量:200mAh

サイズ:145.3mm×69.3mm×6.98mm

重量:145g

SIMサイズ:nano SIM








HUAWEI P10 Plus



楽天モバイル で購入すれば52,800円(税別)




HUAWEI P10よりもさらに高性能なカメラをお求めの方にはPlus。P10の開放値はF2.2ですが、P10 PlusはF1.8なので夜景などの暗い場所での撮影もシャープな写真を撮ることができ、背景をぼかすこともうまくできるでしょう。




また、ディスプレイは強化ガラスでできているので傷やひび割れに強く、P10よりも大きい5.5インチ。画面も2Kまでを表現できるので撮影した写真だけでなく動画も十分なクオリティで楽しむことができます。




スペック


プラットフォーム: Androi 7.0, Emotion UI 5.1

プロセッサー:Kirin 960 オクタコア

液晶ディスプレイ/解像度:5.5インチ IPS液晶 1440x2560ドット(WQHD・2K)

メインメモリ :4GB

保存容量(ROM): 64GB

アウトカメラ:1,200万画素カラーセンサー + 2,000万画素モノクロセンサー

インカメラ:800万画素

バッテリー容量:3,750mAh

サイズ:153.5mm×74.2mm×6.98mm

重量:約165g

SIMサイズ nano SIM







HUAWEI P10 lite




楽天モバイル で購入すれば9,980円(税別)





Pシリーズのなかでももっとも人気があるのが「lite」の機種です。価格もP10、P10 Plusと比べてもかなり選びやすい値段になっています。



しかも、操作の速さに影響するメインメモリは先代の2GBから3GBに、写真やデータなどの保存容量は16GBから32GBへと増えているのかなりお得なスマホと言えるでしょう。



指紋認証や指の第2関節で操作するナックルジェスチャー機能も搭載しています。





スペック


プラットフォーム:Android 7.0, Emotion UI 5.1

プロセッサー:HUAWEI Kirin658(オクタコア)

液晶ディスプレイ/解像度:5.2インチ IPS液晶 1920×1080ドット (FHD)

メインメモリ:3GB

記録装置:32GB

アウトカメラ:1,200万画素

インカメラ:800万画素

バッテリー容量:3,000mAh

サイズ:146.5mm×72mm×7.2mm

重量:約146g

SIMサイズ nano SIM






↓新作のhonor9もWeb受付中!







こんな記事もあります

驚きのドローンの空撮動画をアメリカのドローンパイロットが公開



Social