Powered by Blogger.
ラベル 安全保障 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年4月17日月曜日

北朝鮮への経済制裁の内容。安保理決議と独自の措置について

石炭



国連の安全保障理事会の決議にもとづいたものと、各国独自に行っている北朝鮮への制裁措置とは


トランプ大統領の就任以来、アメリカと緊張がもっとも高まっている国の1つが北朝鮮です。トランプ政権になり、アメリカは軍事化を進める北朝鮮への対応が一変していますが、これまで国際社会はミサイルの発射や核実験を繰り返す同国に国連決議による制裁と各国独自の制裁を実施しています。

2017年2月11日土曜日

スカボロー礁をめぐる中国、アメリカ、フィリピンの関係とは?

南シナ海問題であらたに注目されるスカボロー礁

2016年7月に中国は同国が主張する南シナ海の「九段線」をハーグ国際裁判所がその管轄権を認めない判決が下されたものの、それを受け入れない方針で南沙諸島(英名:スプラトリー諸島)などの埋立や軍事演習を行っています。






そんな中、中沙諸島(英名:マクルスフィールド諸島)の1つスカボロー礁でも中国、アメリカ、フィリピンが領有権をめぐって緊張が高まっています。



スポンサーリンク






まず、スカボロー礁とはどのようなところなのでしょうか。


2016年11月25日金曜日

ジブチと中国が軍事連携強化を発表。中国は真珠の首飾り戦略の一端か

ジブチの海岸

中国が「アフリカの角」ジブチとの軍事を含む連携の強化




小国ながら紅海からスエズ運河への入り口という要所にあるアフリカ北東部に位置するジブチ共和国。中国は11月24日に範長龍・中央軍事委員会副主席が同国との軍事協力の強化を進めていく方針であることを発表しました。



スポンサーリンク




2016年9月11日日曜日

北朝鮮の核兵器に対し韓国は金正恩委員長を標的とした平壌攻撃を計画

北朝鮮 ミサイル 核兵器



地図から平壌を消し去る攻撃を加える




北朝鮮は今月に核実験も5回目の実施し、各国の抑止も効果がない状態となっていますが、隣国の韓国は北朝鮮が核兵器使用の兆候を見せた場合には先制して首都平壌(ピョンヤン)を壊滅させる大量反撃報復概念「KMPR(Korea Massive Punishment & Retaliation)」計画を立てていることを明らかにしました。



2016年6月5日日曜日

中国軍の孫建国氏「南シナ海で問題が起きるのも恐れていない」



アメリカをはじめとする国々に強い反発



5日中国軍の孫建国統合参謀部副参謀長はシンガポールで開かれていたアジア安全保障会議で講演し、改めて南シナ海の領有について主張し「問題が起きるのも恐れていない」と強気の姿勢を崩しませんでした。


Social