Powered by Blogger.
ラベル 自動運転 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年5月24日水曜日

自動運転の車で事故は減少するのか。起きた場合の責任は誰が負うのか?

自動車 事故



自動運転操作で起きる事故について


少しずつ私たちの生活に浸透しつつある自動運転車。未来では人間がハンドルを握っていないのに走る車が世界中で見られるようになるのでしょうね(ハンドル自体が要らなくなってしまいますが)。

2017年1月30日月曜日

自動運転技術(レベル0~5)の世界基準とは?SAEの定義を知ろう


自動運転技術のレベルの定義とは?



現在、国内外の自動車メーカーとIT企業がタッグを組んで研究が進められている自動運転。アメリカのライドシェア企業のUberはすでに2016年にピッツバーグで完全自動運転のサービスを行っています。ニュースでも目にするようになってきた自動運転ですが、その段階にはきちんとした基準が設けられています。






スポンサーリンク



今後、車の購入をする際の参考にもなる、自動運転技術のレベルにクローズアップ!




2016年9月17日土曜日

自動運転は時期尚早か?テスラとモービルアイは見解の相違で契約終了

テスラ・モーターの電気自動車

*追記あり

自動運転の実現に向けて開発を進めるテスラ・モーターズ



9月11日の電話会議でテスラ・モーターズの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は運転支援ソフト「オートパイロット」バージョン8.0の更新を発表し、安全性の向上を強調しましたが完全な自動運転の実現はすぐそこなのでしょうか。




2016年8月19日金曜日

Uber(ウーバー)がピッツバーグで自動運転によるライドシェアを8月中に開始予定

                                                        https://youtu.be/X-NA1Jb3Ysw

重なっていくライドシェアと自動運転の分野



アメリカのライドシェア企業「Uber」のトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)は8月18日に、ピッツバーグで配車を自動運転車で行うことを発表しました。



Uberは順次ドライバーから自動運転に切り替えていく方針だということです。





2016年7月22日金曜日

テスラモーターズがトラックやバスの事業車両の分野に参入を発表



カーシェアリングなど持続可能社会を目指す




自動車メーカーのテスラモーターズの最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は7月20日に、同社の新たな事業計画を発表しました。



電気自動車で世界的に有名なテスラモーターズですが、今回マスク氏が発表した経営戦略はトラックやバスなどの事業用車両の分野への参入とカーシェアリング事業の開始というものでした。



Social