Powered by Blogger.
ラベル 難民問題 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年9月25日月曜日

ロヒンギャ問題とは?なぜ多くの難民が出るのか

ミャンマー

ミャンマーの少数民族ロヒンギャ

2017年8月下旬にミャンマーのラカイン州でラカイン族とロヒンギャ(英語名:Rohingya people)との間で衝突が起こり、1ヶ月のうちにおよそ43万人が隣国のバングラデシュにロヒンギャの人たちが避難しています。






スポンサーリンク



多民族国家ミャンマーで国籍が与えられていないロヒンギャ。どうして難民が出るほどの事態になったのか、その民族の実態にクローズアップします。



2017年2月12日日曜日

内戦によるシリア難民の数や現状。寄付、支援先情報も


レバノンでオリーブ収穫作業の合間に休むシリアからの難民男性
レバノンでオリーブ収穫作業の合間に休むシリア男性

シリア難民の行き先


2016年12月に激戦地アレッポがアサド政府軍によって解放され、2017年1月シリア内戦は同国とロシア、トルコを中心にイランを加えてカザフスタンの首都アスタナで和平協議が開始しました。


しかし、2011年に始まったこの内戦で住む場所を追われ難民となった人たちは世界中に住む場所を求めて移動し、ヨーロッパでは住民との軋轢や治安の悪化など難民問題として大きく取り上げられました。ISの勢力も根強く残っていて、シリア人がシリアに住むことがままならない状態が続いています。





スポンサーリンク



シリア内戦によって生まれた難民はどのような状況にあるのか、数字や生活にクローズアップしてみたいと思います。


2017年2月8日水曜日

EU離脱にともなう英国の単一市場からの撤退が意味するものとは?


単一市場からの離脱と関税同盟の部分参加




イギリスのテリーザ・メイ首相は1月17日、EU(欧州連合)からの離脱(Brexit,ブレグジット)の方針演説で単一市場からの撤退と関税同盟の完全な加盟の取りやめを発表しました。








イギリスがどのような形でEUから離れるのか、2016年6月の国民投票による結果が定まって以降、世界からその方向が注目されてきましたが、今回のメイ首相の発表によりイギリスの将来がいくらか明確なものとなりました。





スポンサーリンク
 





イギリスの単一市場からの離脱とはいったいどのような意味があるのでしょうか。


2016年9月19日月曜日

「ドイツのための選択肢(AfD)」とはどんな政党なのか?

勝利を喜ぶAfDの候補
                                   https://youtu.be/Ge-LrBZlS4k

相次ぐ議会選挙で躍進した「ドイツのための選択肢」とは



ドイツで9月4日のメクレンブルク・フォアポンメルン州、18日のベルリン市における議会選挙はいずれも「ドイツのための選択肢(AfD)」が大きく票を伸ばし、メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)と連立与党の社会民主党が後退がニュースとして大きく報じられました。




スポンサーリンク





EUの牽引役を担ってきたメルケル首相が進める難民政策にドイツ国民が待ったをかけています。


2016年8月31日水曜日

トルコがシリアでのクルド人勢力との戦闘を休止。ISに照準

                                         https://youtu.be/nofu4pxmFgs

トルコ国内でのテロ活動を防ぐための軍事活動





先週からシリアに越境して内戦に介入を始めたトルコは、当初ISと同列としてシリアのクルド人勢力にたいして攻撃を加えていましたが、アメリカの働きかけもあり中断しています


アメリカはこれを歓迎し、IS(イスラム国)との戦いに集中するよう促しています。



2016年8月26日金曜日

EUとトルコの協議が再開される見通し。クーデター未遂後初めて


感情のしこりは残っているものの、ビザ免除に向けて




加盟を先に見据えたシェンゲン圏におけるビザ免除を求めるトルコと、移民対策に同国の協力が欠かせないEUはクーデター未遂事件後の処置を巡って深い溝ができていましたが、両者は9月にもEUの委員会がトルコについての報告書をまとめ、止まっていた協議が再開する見通しとなっています。



2016年7月9日土曜日

ハンガリー、オーストリアが移民流入を厳しく取り締まる態勢


10月にはEUの難民割り当てについての是非を問う国民投票が実施される



国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はハンガリーがセルビアとの国境に1万人の警察と軍を配備し、国内に入ろうとする移民を追い返しているという事実を発表。およそ1300人が国境付近で立ち往生をしていると非難しています。


2016年6月25日土曜日

イギリスのEU離脱に喜ぶ、フランスやドイツ、イタリアなどの反EU勢力の人たち


EUがもっとも恐れるイギリス以外の国の離脱の連鎖




6月23日にイギリスで実施されたEU離脱の是非を問う国民投票「ブレグジット(Brexit)」は開票の結果、賛成が52%反対が48%でイギリス国民はEUから脱退することを希望する答えを出しました。これによって1973年に拡大ECに参加して以来所属してきた欧州の共同体から離れることになります。



EU残留を主張してきた首相のキャメロン氏は辞任を発表しています。


Click! 2016年に指導者が交代した国々(アジア・ヨーロッパ編)


しかし、ドイツのメルケル首相が以前にコメントしているように、今イギリスだけでなくヨーロッパ各国でEUに対する不信感が広がっており、他国でも同じような離脱の国民投票が行われる可能性があります。



2016年6月6日月曜日

ウクライナ当局はユーロ開催中にテロを企てていたフランス人を拘束していたと発表




5月下旬にポーランドとの国境付近でTNT火薬125kg所持しているところを逮捕



6日ウクライナ治安当局は6月10日からフランスで始まるサッカー大会UEFA欧州選手権(ユーロ2016)を標的にしたテロを企てようとしたとしてフランス人男性を首都のキエフで拘束していたことを発表しました。


2016年5月29日日曜日

リビア沖で亡くなった難民の数が1週間で700人を越える


北アフリカから海路でイタリアを目指す難民が増加




国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はこの数日間に地中海のリビア沖で船でヨーロッパに渡ろうとして亡くなった難民の数がもっとも多くて700人に達すると発表しました。


2016年5月25日水曜日

トルコのエルドアン大統領がEU内でのビザが免除されないなら難民受け入れを打ち切ると声明



*追記あり

ドイツなどのビザ免除へ消極的な姿勢に対抗




トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、EUに対してEU圏内の移動にトルコのビザ免除が認められないなら3月に合意した難民の送還受け入れを打ち切り、再びヨーロッパへの移民流入を行うつもりだと声明を発表しました。


参考記事:EUとトルコの難民送還の合意。バルカンルート閉鎖の背景



2016年5月21日土曜日

ギリシャでトルコへの難民送還はやめるべきだという判決が下される。その理由は?

ギリシャ レスボス島 難民キャンプ
ギリシャ レスボス島難民キャンプ

EUとトルコの難民に関する合意を覆す判断




3月18日にEUとトルコの間でバルカンルートの封鎖が合意に達し、ギリシャに滞在する難民はトルコに送還され始めていますが、そんな中ギリシャの裁判所は20日に移民を希望している難民の強制送還するべきではないという判決を下しました。


参考記事:EUとトルコの難民送還の合意。バルカンルート閉鎖の背景


2016年4月20日水曜日

スイス政府が女性教師との握手を拒否した兄弟の家族の市民権取得申請を差し止め



イスラム教の戒律とスイスの文化



異性との身体接触を禁じるイスラム教



女性教師と握手する行為を拒否している14歳と15歳のイスラム教徒の兄弟に対し、スイス政府はこの家族が申請しているスイスでの市民権取得の申請を差し止める決定を下しました。イスラム教において、家族ではない異性と直接的な身体接触は禁止されているのでこの2人は女性教師との握手に応じてきませんでした。


関連記事:スイスの教育委員会が信仰よりも握手は優先すると判断。握手を拒否したムスリムの兄弟に対して

2016年4月17日日曜日

フランシスコ・ローマ教皇が12人のシリア人家族をレスボス島から連れて帰った意味とは?


レスボス島という難民問題の象徴的な土地で見せたフランシスコ教皇の行動



ギリシャのレスボス島を訪れたフランシスコ・ローマ教皇はキャンプで難民を激励し、さらには12人のシリア人をバチカン市国に連れて帰りました。3月にEUはトルコと難民のバルカンルートを閉鎖することで合意した結果、難民申請がされていない渡航者はすべてトルコに送還されることになっています。


2016年3月9日水曜日

EUとトルコの難民送還の合意。バルカンルート閉鎖の背景。

EU 難民


トルコに大きく譲歩し、EUはヨーロッパでの難民問題の解決を目指す




ベルギーのブリュッセルで開かれていたEU首脳会議が、難民問題について1つの合意に達しました。密航によってギリシャに入国した難民や移民をすべてトルコが引き受け、そのかわりそこに含まれるシリア難民と同じ数だけ、トルコ領内で正規の手続きを取ったシリアなどからの難民をEU内に移住させるというものでした。

Social