Powered by Blogger.
ラベル EU の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年2月8日水曜日

EU離脱にともなう英国の単一市場からの撤退が意味するものとは?


単一市場からの離脱と関税同盟の部分参加




イギリスのテリーザ・メイ首相は1月17日、EU(欧州連合)からの離脱(Brexit,ブレグジット)の方針演説で単一市場からの撤退と関税同盟の完全な加盟の取りやめを発表しました。








イギリスがどのような形でEUから離れるのか、2016年6月の国民投票による結果が定まって以降、世界からその方向が注目されてきましたが、今回のメイ首相の発表によりイギリスの将来がいくらか明確なものとなりました。



スポンサーリンク





イギリスの単一市場からの離脱とはいったいどのような意味があるのでしょうか。


2016年10月31日月曜日

EUとカナダがCETA調印。どうにか合意できたベルギーと利益が受けられないイギリス

トルドー首相とEU首脳
                                    https://youtu.be/1DJ9-kNFoHw

7年越しのFTA調印。一時は水泡の危機も



10月31日にEU(欧州連合)とカナダは自由貿易協定(FTA)に署名し、関税の99%が撤廃されることになりました。予定よりも3日遅れての調印は7年の交渉を経てようやく成立し、カナダのジャスティン・トルドー首相は「素晴らしいこの協定を前進させていく」と両経済圏の発展に意欲を見せました。



2016年9月19日月曜日

「ドイツのための選択肢(AfD)」とはどんな政党なのか?

勝利を喜ぶAfDの候補
                                   https://youtu.be/Ge-LrBZlS4k

相次ぐ議会選挙で躍進した「ドイツのための選択肢」とは



ドイツで9月4日のメクレンブルク・フォアポンメルン州、18日のベルリン市における議会選挙はいずれも「ドイツのための選択肢(AfD)」が大きく票を伸ばし、メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)と連立与党の社会民主党が後退がニュースとして大きく報じられました。








EUの牽引役を担ってきたメルケル首相が進める難民政策にドイツ国民が待ったをかけています。


2016年9月5日月曜日

アップル社のタックス・ヘイブンであるアイルランドにEUがメス

アップルの中にユーロ

違法な税制優遇か加盟国の税法主権か




EU(欧州連合)の反トラスト規制当局が8月30日にアイルランド政府がアメリカのアップル社に行っているタックス・ヘイブン(税制待遇)は違法な政府補助に当たるとしてアップルに最大130億ユーロ(約1.5兆円)の追徴税をアイルランドに納めるよう命じた決定は、同国やアメリカだけでなく、元EU委員の反発を呼ぶなど大きな波紋を広げています。



2016年8月26日金曜日

EUとトルコの協議が再開される見通し。クーデター未遂後初めて


感情のしこりは残っているものの、ビザ免除に向けて




加盟を先に見据えたシェンゲン圏におけるビザ免除を求めるトルコと、移民対策に同国の協力が欠かせないEUはクーデター未遂事件後の処置を巡って深い溝ができていましたが、両者は9月にもEUの委員会がトルコについての報告書をまとめ、止まっていた協議が再開する見通しとなっています。



2016年7月21日木曜日

英仏海峡トンネルもポンド安などイギリスのEU離脱の影響で減収の見込み

                                                https://youtu.be/lan2vT5LD70



内閣総理大臣に就任したイギリスのテリーザ・メイ首相は閣僚に対してEU離脱を成功裏に終わらせるよう指示し、離脱派の中心人物だったデービッド・デービス元欧州担当相を任命するなど、着実にその日に向けて動き出しています。




2016年7月17日日曜日

イギリスの世論調査でEU離脱の国民投票やり直しを希望しない人が多数


総選挙の実施、必要ないという人が必要という人を上回る



メイ首相を支持する結果に



イギリスのEU離脱を巡る国民投票からおよそ1ヶ月が過ぎ、辞任を発表したキャメロン元首相に代わり、7月13日にはテリーザ・メイ新首相が誕生しました。



ブレグジットが決定した直後にはイギリス国内でも大きな動揺が広がりましたが、インデペンデンス紙が依頼してComResが行った世論調査の結果では、イギリス国民が2回目の国民投票やメイ内閣の是非を問う総選挙も求めていないということがわかりました。



関連記事:EU離脱の国民投票は「1回」だけだとキャメロン首相が断言



2016年7月9日土曜日

ハンガリー、オーストリアが移民流入を厳しく取り締まる態勢


10月にはEUの難民割り当てについての是非を問う国民投票が実施される



国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はハンガリーがセルビアとの国境に1万人の警察と軍を配備し、国内に入ろうとする移民を追い返しているという事実を発表。およそ1300人が国境付近で立ち往生をしていると非難しています。


2016年6月25日土曜日

イギリスのEU離脱に喜ぶ、フランスやドイツ、イタリアなどの反EU勢力の人たち


EUがもっとも恐れるイギリス以外の国の離脱の連鎖




6月23日にイギリスで実施されたEU離脱の是非を問う国民投票「ブレグジット(Brexit)」は開票の結果、賛成が52%反対が48%でイギリス国民はEUから脱退することを希望する答えを出しました。これによって1973年に拡大ECに参加して以来所属してきた欧州の共同体から離れることになります。



EU残留を主張してきた首相のキャメロン氏は辞任を発表しています。


Click! 2016年に指導者が交代した国々(アジア・ヨーロッパ編)


しかし、ドイツのメルケル首相が以前にコメントしているように、今イギリスだけでなくヨーロッパ各国でEUに対する不信感が広がっており、他国でも同じような離脱の国民投票が行われる可能性があります。



2016年6月12日日曜日

スウェーデン外務相「ブレグジットはEU分裂につながる恐れがある」と影響を不安視

イギリス以外の国々にEU離脱の国民投票が波及する可能性を懸念



イギリス国内で意見が二分されているEU離脱を巡る国民投票(Brexit、ブレグジット)について、スウェーデンのマルゴット・ヴァルストレム外務大臣はこの国民投票そのものがEUの分裂につながりかねないとBBCのインタビューに答えています。


関連記事:英国のEU離脱に賛成の立場の人、反対の立場の人


2016年5月25日水曜日

トルコのエルドアン大統領がEU内でのビザが免除されないなら難民受け入れを打ち切ると声明



*追記あり

ドイツなどのビザ免除へ消極的な姿勢に対抗




トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、EUに対してEU圏内の移動にトルコのビザ免除が認められないなら3月に合意した難民の送還受け入れを打ち切り、再びヨーロッパへの移民流入を行うつもりだと声明を発表しました。


参考記事:EUとトルコの難民送還の合意。バルカンルート閉鎖の背景



2016年5月23日月曜日

イギリス財務省がBrexit(イギリスのEU離脱)で1年は不景気になると分析

3.6%から6%の経済成長率の低下



イギリス財務省が23日に発表するBrexit(イギリスのEU離脱)が決定した場合のイギリス経済の短期で見たケースを分析した内容によると、EUからの離脱からおよそ1年ほど景気が後退するという予測結果が出ました。



関連記事:イギリスのEU離脱(Brexit)は2500億ポンドの損失になると元財務大臣が発表


ギリシャ国会は緊縮法案を承認。カギを握るECBのスーパー・マリオとは?

ギリシャ 首相 チプラス
             https://youtu.be/KKWC_cxf76I より

ツィプラス政権の法案を急進左派連合と独立ギリシャ人のほぼ全員が賛成し可決




ギリシャ議会は22日に追加の債務支援を受けるための新たな課税18億ユーロ(およそ2200億円)と緊縮政策を300の議席数の内、与党の急進左派連合(Syriza)と独立ギリシャ人の153人が賛成票を投じ、これを承認しました。



2016年5月21日土曜日

ギリシャでトルコへの難民送還はやめるべきだという判決が下される。その理由は?

ギリシャ レスボス島 難民キャンプ
ギリシャ レスボス島難民キャンプ

EUとトルコの難民に関する合意を覆す判断




3月18日にEUとトルコの間でバルカンルートの封鎖が合意に達し、ギリシャに滞在する難民はトルコに送還され始めていますが、そんな中ギリシャの裁判所は20日に移民を希望している難民の強制送還するべきではないという判決を下しました。


参考記事:EUとトルコの難民送還の合意。バルカンルート閉鎖の背景


2016年5月18日水曜日

EU離脱の国民投票は「1回」だけでやりなおしはないとキャメロン首相が断言


ネバレンダムは行わない



投票の実施まであと1ヶ月あまりとなったイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票(Brexit)は、いまだに賛否の両方が40%と拮抗したどちらに傾くかわからない状態ですが、17日にデービッド・キャメロン首相はたとえ結果が僅差になったとしても、「再投票は行わない」という発表をしました。



2016年5月3日火曜日

イギリスのEU離脱(Brexit)は貿易で2500億ポンドの損失になると元財務大臣が発表


アリスター・ダーリング元財務大臣が発表した試算



6月23日に行われるイギリスのEU離脱(Brexit)を巡る国民投票について、EU残留を支持する国内のロビーグループ、"Britain Stronger in Europe"は2日に、イギリスがEUから脱退した場合、貿易で関係しているEU諸国とその他50ヵ国以上との取り引きで総額で2500億ポンド(およそ1兆1700億円)の損失を生むだろうという見通しを発表しました。



2016年5月2日月曜日

イギリスのEU離脱にオーストラリアもニュージーランドも反対の声明

オーストラリアのターンブル首相「イギリスがEU内にいるからこそ受けられる恩恵がある」









イギリスのEU離脱(Brexit、Britain+exit)を問う国民投票まであと2ヵ月もなくなってきた中、同じエリザベス女王を元首に抱く、オーストラリアのマルコム・ターンブル首相はオーストラリアとしては「イギリスがヨーロッパの中で強い存在でであることがよろこばしい」という声明を発表しました。


2016年4月6日水曜日

英国のEU離脱に賛成の立場の人、反対の立場の人。


*追記あり

選挙の公約により6月23日に実施される、ブレグジットの国民投票。




イギリスがEUから離脱するか否かを問う国民投票が6月23日に行われます。ブレグジット(Brexit)についての国民投票は2015年の総選挙で公約として掲げたもので、それを果たす形になります。イギリス国内だけではなく、EU各国、さらにはその他の地域にも影響が及ぶことは間違いがないので、世界的な関心事となっています。


2016年3月9日水曜日

EUとトルコの難民送還の合意。バルカンルート閉鎖の背景。

EU 難民


トルコに大きく譲歩し、EUはヨーロッパでの難民問題の解決を目指す




ベルギーのブリュッセルで開かれていたEU首脳会議が、難民問題について1つの合意に達しました。密航によってギリシャに入国した難民や移民をすべてトルコが引き受け、そのかわりそこに含まれるシリア難民と同じ数だけ、トルコ領内で正規の手続きを取ったシリアなどからの難民をEU内に移住させるというものでした。

Social