アメリカのトランプ大統領が署名した関税政策のまとめ

トランプ政権の保護貿易を象徴する関税制度


2018年3月、アメリカのドナルド・トランプ大統領は海外貿易に関する重要な政策を相次いで決定しました。



大統領就任前の選挙キャンペーン中から打ち出していた「アメリカ・ファースト」を実現するべく、「不公正」な状態にあると判断した鉄鋼やアルミニウムへの追加関税を決定。


さらにトランプ大統領は中国への制裁措置としての関税政策へも署名。中国もこれに対する報復措置を発表しており、米中貿易戦争の始まりを感じさせます。


今回は保護貿易を主張してきたトランプ大統領が3月に決定してきた関税政策にクローズアップします。





鉄鋼・アルミニウムへの追加課税による輸入制限


3月8日の追加課税の署名


まず、トランプ大統領は3月8日に鉄鋼とアルミニウムの輸入品に対する追加課税を決定する署名を行います。トランプ大統領の当選を実現させた同産業の支持者たちに向けた公約を実現させた形で、署名の場にはそうした労働者たちも同席していました。




鉄鋼には25%、アルミニウムには10%の追加関税が課せられることになり、北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟しているカナダとメキシコは再交渉中は対象から外れますが、その他の国はすべて対象となります。


追加関税をかけることによって対象品目の輸入制限を行い、アメリカ国内の鉄鋼・アルミニウム産業を保護しようというのが目的ですが、もちろん対象国からは強い反発もありEUやそこからの脱退が決まっているイギリスを始めとして各国は対象からの除外を要請します。


また、他国との貿易摩擦によって結果的にアメリカが不利益を被ってしまうことを懸念した声は国内からも上がっており、与党である共和党にも反対する議員が少なくありません。下院議長であるポール・ライアン共和党議員も反対を表明していました。



除外国の拡大、そして導入

3月22日、追加関税の実施を翌日に控えたこの日に米通商代表部(USTR)のロバート・ライトハイザー代表は対象から除外する国を新たに加えることを発表しました。正確には5月1日までは、カナダやメキシコと同じく留保の状態になります。


新たに除外となった国は、


  • EU加盟国(28ヵ国)
  • 韓国
  • オーストラリア
  • ブラジル
  • アルゼンチン
の計32ヵ国。


カナダとメキシコを含めた34ヵ国を相手とした鉄鋼の輸入高は、全体となる330億ドル(およそ3兆4600億円)のうちの3分の2以上にあたり、実際に鉄鋼に対して適用される関税は大幅に縮小されたことになります。


これはアメリカの対外貿易摩擦についての心配はだいぶ減ったものの、追加関税による国内産業への効果はだいぶ薄まることになります。もしかしたら、トランプ大統領は初めから他国からの反発を織り込んであとで除外をし、公約は一応果たし貿易における不利益を最小限に抑えようという意図があったのかもしれません。





中国の知的財産権侵害に対する制裁措置

鉄鋼とアルミニウムの輸入への追加関税の除外対象国を発表した22日、トランプ大統領はもう1つ大きな貿易政策を決定しています。それが中国製品に500億ドル以上の関税賦課でした。これは改善されない中国の知的財産権の侵害に対する制裁措置としての指示でした。



シニア経済アドバイザーのエベレット・アイゼンスタット氏は「中国国内の実に多くの地域で不公正な入手方法によって利益を追究し続けており、またアメリカ企業に技術を委譲するよう圧力をかけている。不公平なやり方を使って競争で優位に立ってきたのだ」とこれまでの中国の知財侵害を批判し制裁の目的を明らかにしました。



4/3日にUSTRはあらためて通商法301条にもとづいた制裁措置の対象品目の原案を発表。およそ1300品目に対して25%の関税を追加するとし、総額500億ドル(約5兆3000億円)におよぶことがわかりました。具体的には通信、産業ロボット、航空宇宙などの分野が対象となります。





中国はこの制裁措置に対して報復措置を計画していると翌23日に発表します。内容はアメリカからの豚肉には25%、鋼鉄パイプと果物、ワインには15%の追加関税を計画しているとし、また鉄鋼・アルミニウムの追加関税についても世界貿易機関(WTO)の枠組みにのっとって法的対応を検討しているとしています。















参照
http://www.bbc.com/japanese/43510942
https://www.reuters.com/article/us-usa-trade-china/trump-administration-eyes-tariffs-on-50-billion-in-chinese-goods-idUSKBN1GY2DM


































Social